明確な目標に向けて


スポーツジムの利用を思い立たれたキッカケや理由は、当然人それぞれ異なります。ダイエット、あるいはマラソンなど運動競技への参加に備えて、ストレス発散、医師に薦められてなど、挙げれば数え切れません。そしてここで見過ごしてはならないポイントとして、ジムでは専門のトレーニング器具を用いた運動を行うという、基礎的ながら重要な事実を挙げておきたいと思います

たとえば日々の職場での朝礼時のラジオ体操、自宅でのストレッチやウォーキングなどは、自身の身体を自らの判断で動かし、筋肉をほぐし刺激を与え、血行促進効果を求める運動です。ですがトレーニング器具の使用は、それ以上の大きな負荷を身体の特定の部位に掛ける運動です。自身の筋力や柔軟力、あるいは持久力などの過信から、過度な負荷を自身に掛けてしまえば、自ずと怪我や事故のリスクが高まります。更に初めて使用するこれらの器具が果たして、自身にどれだけの負荷を届けるのか、それに耐えられるのかの自己判断は極めて難しく、然るべき専門家の判断を仰いでのリスク回避が欠かせません。明確な何らかの目標に向け、トレーニングを本格的にスタートさせるのであれば、こうした安全面への意識をお留守にしてはならず、結果を焦っての過度な頑張り過ぎは禁物です。十分な信頼を寄せるに値する指導者の助言に従い、中長期的なトレーニングの継続を通じ、確実に効果を確かめる姿勢が大切です。